爪のお手入れ | 唐津市にある【きまぐれなネイル屋さん】は、確かな技術でお財布にも優しいネイルサロンです。

爪のお手入れ

爪は健康のバロメーター

  • 爪と甘皮のあいだに隙間がある
  • 爪の色が白かったり、黄色くなったりしている
  • 爪の白い部分が1mm以上出ていない
  • 爪の表面がでこぼこしている
  • ツヤがない

上記のような爪の色調や厚み、形状の変化はありませんか?

健康な爪の色=きれいな桜色に例えられるように、淡いピンク色に見えます。これとは対照的に、病気になった場合は爪の色や厚み、形状などもその病状に応じて変化することがあります。

健康で美しい爪を保つには日頃の食事のバランスがもっとも重要になってきます。植物性のたんぱく質が中心の和食を心がけしっかりとした睡眠・休養をとることで美しい・丈夫でしなやかな爪を作ります。

爪切りのコツ

爪切りは、爪の健康を保つためにとても大切なことです。実は、短すぎると指の保護が十分にできないため爪にも適度な長さが必要といえます。理想の長さは、爪先の白い部分が1~2mm程度出ていることです。

爪に負担をかけない爪の切り方を覚え、爪の健康を保持しましょう。

STEP1
固い状態のときに切ってしまうと変なところにひびが入ってしまうため、爪を切る時間はお風呂上がりなど、爪に水分がある状態の時を選びましょう。
STEP2
まずは、爪の端から切っていきます。いきなり爪の中央(山)から切ってしまうのは、爪のカーブが割れてしまうのでNGです。
一つの爪に対して、細かく4~5回に分けて切りましょう。これも無駄なひび割れ防止対策になります。
STEP3
爪を切った後は必ずやすりをかけることが大切です。あまりゴシゴシかけずに、ひとなで程度で問題ありません。
やすりは家庭用の爪切りについているものでも、爪磨き専用のものでも問題はありませんが、爪割れの原因にもなりますので、やすりの目があまりにも荒いものは注意してください。

甘皮周りのお手入れ

  • 甘皮周りのお手入れ

『甘皮』とは爪と皮膚との境目にある皮のことです。もともと爪は皮膚の一部なので、爪と皮膚との間にばい菌が入り込まないように保護するのが甘皮の役目です。

余分な甘皮を放置しておくと甘皮が伸びてきて、ネイルを塗れる範囲が狭くなってしまい、見た目も美しくありません。

また、爪は表面にごく薄い角質皮をつけて成長します。この甘皮の下にある薄い皮を『ルーズスキン』と呼びます。ルーズスキンを除去することで、爪表面の凹凸が整ってネイルの持ちがよくなる他、爪自身への色素沈着を防ぎます。

甘皮やルーズスキンの除去は、爪そのものを美しく健康にしてくれる大切なプロセスなのです。

ご自宅でのカンタンなケアの方法もサロンでお伝えしておりますので、ご希望の方は遠慮なくおたずねください。

メールフォーム

【営業電話はお断りしております】

ギャラリー

Information

きまぐれなネイル屋さん
〒847-1107
佐賀県唐津市七山藤川

流行にとらわれることなく、
自分らしさを大切にしたい方。

佐賀県唐津市ネイルサロン
【きまぐれなネイル屋さん】に
ぜひお問い合わせください。
オーダーチップも承ります。

  • 090-1168-6745
    【営業電話はお断りしております】
  • 営業時間:10:00~19:00 電話のみ:9:00~20:00
  • メールフォーム

ネット予約

ページの先頭へ